S-QUE院内研修1000' & 看護師特定行為研修

  • お申し込み方法
  • FAQ
  • 活用事例
  • 問い合わせ

フォローアップ必要度

オンデマンド配信3月1日(水)~4月30日(日)

必要度評価の質を担保するために

高村 洋子 氏(倉敷中央病院 看護本部 副看護本部長)

必要度評価の質を担保するために

ねらい:必要度評価が正しくなされているか、患者の状態と評価が合致しているか、記録の整合性ができているか〜監査のやり方を多重に実践している現場での質の担保を考える。


概要:今回の診療報酬の改定では、重症度、医療・看護必要度の項目が追加・変更となり、データ提出も義務づけられました。今後はDPCデータと看護必要度評価を併せてみることが可能になります。急性期病院にとって看護必要度の基準を満たすことはもちろん、評価の精度管理はより重要になってきます。適正な評価と監査、評価の妥当性の検討など、必要度評価の質担保するための取り組みについてお話いたします。



オンデマンド配信 平成29年3月1日(水)~4月30日(日)

戻る

S-QUE院内研修1000’ & 看護師特定行為研修'

  • Eナース
  • ワンポイントEナース
  • 新特別企画
  • フォローアップ必要度
  • ワンポイント介護
  • 看護必要度eラーニング「看護WiseClipper」
  • 看護師特定行為研修
  • 美看