24年度プログラムよりハイビジョン研修化 | S-QUE研究会

ニュースリリースNEWS RELEASE

ホーム » ニュースリリース » 24年度プログラムよりハイビジョン研修化

2011.12.20

24年度プログラムよりハイビジョン研修化

2012年4月より、一般社団法人S-QUE研究会が主催する全ての衛星研修において、これまで以上に高画質・高品質なハイビジョン映像(HD)を導入いたします。衛星研修のハイビジョン化は最新の技術を採用しており、本邦で初めての研修システムとなります。

ハイビジョン研修配信により、次の点において改善がなされます。

衛星研修(「S-QUE院内研修1000’」、「看護必要度評価者 院内指導者研修」等)の映像を鮮明な画像で遠隔地の衛星会場に配信。なめらかな動きと細部までの美しさにより、講師の動作や表情、スライド資料の文字や写真などを細部までクリアにお伝えすることができます。
音声処理技術の向上により、音声の乱れを押さえて音切れのない安定した品質を確保します。
衛星配信のみならず、後日インターネットで配信するオンデマンド研修においても、高画質、高音質でお届けできることとなります(従来どおり高速回線用と低速回線用をご用意します)。
以上のように24年度はプログラムの内容を高めるとともに、新たなシステムに て、よりいっそうの臨場感溢れる研修をお届けできることとなります。 なお、「S-QUE院内研修1000’」契約施設に於いては、24年度より順次新しい HD対応の衛星受信機への交換を無償で行っていきます。

PDFファイルをダウンロード