平成24年4月より新サービスを追加 | S-QUE研究会

ニュースリリースNEWS RELEASE

ホーム » ニュースリリース » 平成24年4月より新サービスを追加

2012.02.15

平成24年4月より新サービスを追加

新年度を迎えるにあたり、S-QUE 院内研修1000′ に新サービスを追加いたします。

S-QUE参加病院施設の職員(約10万人)の利用が対象です。

①「ワンポイントEナース」~看護基礎技術の研修プログラムをライブラリー形式で受講
一歩進んだ最新の情報を受講できる「Eナース」に加えて、基本的な看護基礎技術の研修プログラムをライブラリー形式で受講できるようにいたしました。新人看護師、復職者にも理解しやすい看護基礎技術を細かく学べる映像「ワンポイントEナース」は、期限を設けず視聴でき、マンスリーで更新し所蔵していきます。
※映像の長さは15~20分、今後採り上げるテーマは3月中旬よりサイトに掲載していきます。
②オンデマンド研修でも質疑応答
Eナースのオンデマンド研修期間中、講義に関する質問を受け付け、回答いたします。以前より、オンデマンド研修受講の際に生じた質問を受け付けてほしいという多くの要望を頂き、この度オンデマンド研修期間中(4週間)、講義に関する質問がございましたら、講師の先生方に確認の上、個別に回答いたします。
※リアルタイムの衛星研修でも、引き続き質問をFAXとインターネットで受け付けております。
③「看護必要度局」~看護必要度に関して、唯一のお問合せ先に
2008年度より「看護必要度評価者院内指導者研修」を年2回、定期的に開催しているS-QUE研究会では、培ってきたノウハウをもとに、看護必要度に関する類型化された質問と回答の閲覧及び看護必要度の実際に関してお問い合わせができる「看護必要度局」を、本邦で初めて開局いたします。

それでは平成24年度も何卒よろしくお願い申し上げます。

PDFファイルをダウンロード