年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE院内研修1000&看護師特定行為研修 » 第4回 最新呼吸療法のエッセンスシリーズ〜人工呼吸器離脱のプロトコルを利用した呼吸ケア戦略

Eナース

S-QUE院内研修1000’ & 看護師特定行為研修

第4回 最新呼吸療法のエッセンスシリーズ〜人工呼吸器離脱のプロトコルを利用した呼吸ケア戦略

公立陶生病院 集中ケア認定看護師
濱本 実也 氏

呼吸管理(シリーズ) STAGE2〜4

オンデマンド研修 5月28日(月)〜6月25日(月)

人工呼吸器は患者の呼吸を維持するために必要ですが、患者にとっては「侵襲」であり、できるだけ早く離脱することが望ましいといえます。そのため人工呼吸管理に携わる医療者は「人工呼吸器離脱が可能か否か」共通の評価指標をもって、日々評価することが重要です。
本邦では、人工呼吸療法を主導する3つの学会が、実践的な人工呼吸器離脱プロトコルを作成しています。このプロトコルからは、人工呼吸器離脱に向けた介入と評価だけでなく、通常の人工呼吸管理を行う上でも重要な視点を学ぶことができます。
今回は、人工呼吸器離脱プロトコルを中心に看護師に必要な評価の視点(アセスメント)と介入(ケア)についてまとめます。