年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE院内研修1000&看護師特定行為研修 » 第12回 リハビリテーションにおける栄養管理

Eナース

S-QUE院内研修1000’ & 看護師特定行為研修

第12回 リハビリテーションにおける栄養管理

横浜市立大学付属病院 リハビリテーション医学
若林 秀隆 氏

回復期 STAGE2〜4

オンデマンド研修 9月25日(火)〜10月23日(火)

リハビリテーション(リハ)を必要とする方の多くに、栄養障害やサルコペニアを認め、これらが機能障害、活動制限、参加制約の一因となるため、栄養管理は大切です。しかし、特に急性期病院では、無自覚のうちに看護師が栄養障害やサルコペニアを作っていることがあります。例えば、医師から「とりあえず安静・禁食・水電解質輸液」という指示があった場合、指示通りに看護することが多いかもしれません。しかし、適切な評価に基づいていない指示の場合、医原性の栄養障害やサルコペニアを作ることになります。この研修では、リハ栄養の考え方、サルコペニア、医原性サルコペニアを作らない看護について紹介します。