第8回 Dr.大島一太の心電図講座シリーズ息切れ、胸痛の心電図を読む〜症状、主訴からみる心電図 | S-QUE研究会

年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE院内研修1000&看護師特定行為研修 » 第8回 Dr.大島一太の心電図講座シリーズ
息切れ、胸痛の心電図を読む〜症状、主訴からみる心電図

Eナース

S-QUE院内研修1000’ & 看護師特定行為研修

第8回 Dr.大島一太の心電図講座シリーズ
息切れ、胸痛の心電図を読む〜症状、主訴からみる心電図

大島医院 院長
東京医科大学内科系分野循環器内科
東京医科大学八王子医療センター循環器内科 兼任講師
日本看護協会 看護研修学校 非常勤講師
医師・医学博士

大島 一太 氏

心電図(シリーズ) STAGE2〜4

オンデマンド研修 7月23日(月)〜8月20日(月)

循環器の救急診療で最もよく遭遇するのが、「胸が痛い・胸が苦しい・息が苦しい」といった症状です。そしてみなさんは、このような症状がある患者さん対し、まず初めに心電図を記録することでしょう。目の前で胸の症状に苦しんでいる患者さんの心電図を、きれいに正しく記録し、正確に判読し、詳しくドクターコールし、速やかに適切な初療にとりかからなければならないのです。循環器疾患は、急変、突然死、ときに瞬間死を来してしまう場合も少なくありません。このため、まず初めに検査すべき心電図の記録や判読は、特に重要です。今回は、このような胸の症状がある患者さんに遭遇したときの心電図の読み方について、みなさんと一緒に勉強しましょう。

発信会場:南町田病院(東京都町田市)

第8回 Dr.大島一太の心電図講座シリーズ<br>息切れ、胸痛の心電図を読む〜症状、主訴からみる心電図