年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE院内研修1000&看護師特定行為研修 » 第5回 急変の前兆を見抜く、今こそRRS
〜あなたの気づきが急変を予防する〜

Eナース

S-QUE院内研修1000’ & 看護師特定行為研修

第5回 急変の前兆を見抜く、今こそRRS
〜あなたの気づきが急変を予防する〜

北里大学病院集中治療センター RST・RRT室 集中ケア認定看護師
森安 恵実 氏

STAGE1〜2

オンデマンド研修 6月10日(月)〜7月8日(月)

急変した後、『あの患者さん、あの日ちょっと変だったよね』『私、嫌な予感してたんだよね』と、仲間内で会話したことはありませんか?→これは何でしょう。看護師に備わった超能力でしょうか?ちがいますよね。これは前兆に気づいていた可能性があります。
急変を経験したとき、『私、急変によく当たるのよね』『あなた、急変を多く経験していてすごいわ』、そんな会話もしませんか?
多くの場合、急変には前兆があります。患者の近くにいる医療者が、それに気づき、急変を回避することこそが『勲章』であると思います。
Rapid Response System(RRS)というのは、急変の前兆にあたる要請基準で専門のチームを要請するというものです。
ここでは、RRSの概要と導入している施設の実際を示しながら、安全な医療の提供の一つの方法を示したいと思います。

発信会場:南多摩病院(東京都八王子市)

第5回 急変の前兆を見抜く、今こそRRS<br>〜あなたの気づきが急変を予防する〜