年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE院内研修1000&看護師特定行為研修 » 第3回 急変を起こさないためのスキル①バイタルの基本

Eナース

S-QUE院内研修1000’ & 看護師特定行為研修

第3回 急変を起こさないためのスキル①バイタルの基本

国際医療福祉大学 成田病院看護部長
道又 元裕 氏

フィジカルアセスメント STAGE1〜2

オンデマンド研修 5月7日(木)〜6月4日(木)

急変状態となっている患者の多くは、誰が見ても異常だと判断できるサインや症状を認めることができます。しかし、その状態に至る前にも、患者は何かしらのサインや症状を発信していることも数多くあります。この何かしらのサインや症状は、注意深く観察しても、よくわからないもの、また、注意深く観察すればわかるもの、さらには、意図的に観察すれば、わりとわかるものまであります。しかし、これらに気付き、もしかして急変の前駆状態かも知れない、あるいは急変状態だと判断するためには、バイタルサイン生理の基本を正しく理解することが大切です。

第3回 急変を起こさないためのスキル①バイタルの基本