年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE院内研修1000&看護師特定行為研修 » 第16回 嚥下のメカニズムと安全に食べられる介入のポイント

Eナース

S-QUE院内研修1000’ & 看護師特定行為研修

第16回 嚥下のメカニズムと安全に食べられる介入のポイント

藤田医科大学病院 摂食・嚥下障害看護認定看護師
三鬼 達人 氏

STAGE2〜4

オンデマンド研修 11月22日(月)〜12月20日(月)

医療技術、救命医療が進歩し、患者の高齢化や重症化がすすむ昨今、要支援・要介護状態の人が増加の一途をたどっています。また、認知症を持つ患者も増えてきており、臨床の現場においては、これら患者への食支援に難渋することが多くなってきています。これら要介護状態の方では、常に低栄養や誤嚥性肺炎、窒息といったリスクを伴います。患者に関わる医療者は、これらリスクを低減させ、いつまでも美味しく安全に口から食べ続けられるよう、正しい摂食嚥下の理解と安全に食べられるための食支援が求められます。
本講義では、「嚥下のメカニズム」と「安全に食べられる介入のポイント」について説明させていただきます。