年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE訪問看護・介護ケア講座&看護師特定行為研修 » 認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン Part1 日常生活の介護現場

介護ケア

S-QUE訪問看護・介護ケア講座&看護師特定行為研修

認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン Part1 日常生活の介護現場

船橋市三山・田喜野井地域包括支援センター センター長
助川 未枝保 氏

オンデマンド研修 4月23日(金)〜3月31日(木)

認知症の人において、一人一人が自分で意思を形成し、それを表明でき、その意思が尊重され、日常生活・社会生活を決めていくことが重要である。
本ガイドラインは、認知症の人を支える周囲の人において行われる意思決定支援の基本的考え方(理念)や姿勢、方法、配慮すべき事柄等を整理して示し、これにより、認知症の人が、自らの意思に基づいた日常生活・社会生活を送れるサポートが重要である。認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドラインの必要性を解説いたします。