年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE訪問看護・介護ケア講座&看護師特定行為研修 » 認知症等の高齢者と成年後見制度の適正な使い方

マネジメント対策

S-QUE訪問看護・介護ケア講座&看護師特定行為研修

認知症等の高齢者と成年後見制度の適正な使い方

法律事務所イチトウ/弁護士
坂井 崇徳 氏

オンデマンド研修 1月7日(金)〜3月31日(木)

ここ数年、入居の際に施設利用者に成年後見人がついているケースが増えており、特に家族以外の専門職の場合には独特の考え方により、施設側がその対応に戸惑うことも増えたと思います。
 また、施設利用者の心身の状態の変化に伴い、成年後見制度の利用を検討すること、申立にあたっての施設側の協力を求められることも多いと思われます。
 認知症等の高齢者に成年後見制度の利用促進をした結果、今施設の現場では何が問題となっているのか、専門職成年後見人の経験が豊富な講師が、法律専門職との対応のポイントをお伝えするとともに、施設利用者に成年後見制度の利用をどのように勧め、また協力するべきかについてお話します。