年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE訪問看護・介護ケア講座&看護師特定行為研修 » 訪問看護ステーションにおける特定行為研修修了者の実践

特別研修

S-QUE訪問看護・介護ケア講座&看護師特定行為研修

訪問看護ステーションにおける特定行為研修修了者の実践

医療法人恒貴会 訪問看護ステーション愛美園所長
中島 由美子 氏

オンデマンド研修 1月1日(火)〜3月31日(日)

訪問看護ステーション愛美園は、看護師が10名、その他看護補助員、理学療法士、事務員、介護支援専門員など合計18名のスタッフが在籍しています。訪問地域の茨城県桜川市は、医師不足と医師の高齢化が顕著な地域で、急変時にすぐに医師と連絡が取れない場合があり、これらが動機となって、職員2名に特定行為研修を受講してもらいました。地域のニーズを考え、特定区分「呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連」「ろう孔管理関連」「創傷管理関連」の3行為を選択し実践しています。地域における緊急体制を医師と特定行為修了看護師による二重体制とする事で在宅療養者とそのご家族が安心して暮らすための医療体制の構築につながったと考えています。

訪問看護ステーションにおける特定行為研修修了者の実践