ライブラリLIBRARY

ホーム » ライブラリ » ワンポイントEナース » CHAPTER31
実践的酸素療法

ワンポイントEナース ライブラリ

CHAPTER31
実践的酸素療法

順天堂大学医学部附属順天堂医院 集中治療室主任 集中ケア認定看護師
入山 亜希 氏

  • 1ハイフローセラピー①公開中

    ハイフローセラピー①

    ハイフローセラピーは高流量式の酸素療法であり、安定した酸素濃度の投与により酸素化の早期改善が期待できます。気管挿管が必要な人工呼吸器や非侵襲的陽圧換気:NPPVと比較し患者の苦痛も少なく、QOLの改善や簡便性に優れていると言えます。ここではハイフローセラピーの仕組みや構造を理解し、ブレンダー式とフロージェネレータ式の取り扱い方法について学びます。

  • 2ハイフローセラピー②公開中

    ハイフローセラピー②

    ここでは、患者にとってより安全で快適なハイフローセラピーのために必要な環境と物品について学びます。ハイフローセラピーでは高濃度酸素の投与や加温加湿に必要な専用の回路とカニューレがあります。環境を整え、患者に適した物品の選択について理解することは、効果的なハイフローセラピーを提供するとともに、合併症の予防にも繋がります。

  • 3搬送用人工呼吸器と酸素ボンベについて12月公開

    急性期の患者は、疾患の精査や評価のために様々な検査が必要となります。人工呼吸器を使用している患者も同様にベッドサイドを離れ、CTやMRIなどの検査を行う場合があります。ここでは、検査室までの移動に用いられる搬送用人工呼吸器と酸素ボンベについて説明します。搬送を安全に行うために、搬送用人工呼吸器の特徴と酸素ボンベの取り扱いについて学びましょう。