年間スケジュールSCHEDULE

ホーム » 年間スケジュール » S-QUE院内研修1000&看護師特定行為研修 » 第18回 自律し自立したジェネラリストめざして

Eナース

S-QUE院内研修1000’ & 看護師特定行為研修

第18回 自律し自立したジェネラリストめざして

野村病院 副院長看護部長
高橋 素子 氏

キャリア STAGE1〜4

オンデマンド研修 12月25日(火)〜1月22日(火)

保助看法上、看護職に必要とされる資質・条件は免許を受けることであるが、実質的な要件は保助看法に明記されている諸条件の他に、ケアの受け手とその家族から信頼を得る知識・行動が求められている。加えてチーム医療が上手く機能するために医療従事者が看護職に期待する諸行動は、時流や動向に即しながら看護倫理を基盤とした継続学習によって育成されると考える。その最前線の現場を24時間様々な勤務シフトでジェネラリストナースが担っている。世界の人口学者が注視する我が国の高齢化、医療・介護インフラを看護職が支え時に牽引していくためにも、ジェネラリストナースの役割は重要である。

発信会場:南町田病院(東京都町田市)