ポジコ

ポジコ

ポジティブコミュニケーションの切り口から
医療安全に繋げる事例を動画で見せる
「ポジコ」

医師監修:土屋了介氏 元・国立がんセンター中央病院院長 / 公益財団法人ときわ会顧問
監修:仲本広世氏 常磐病院 医療安全管理者 / 薬剤師
解説:W マコト 中山真氏 / 中原誠氏 放送作家 / 日本初の漫才セミナー講師

  • ポジコ「指示出しと指示受けで大切なこと」

  • ポジコ「届ける際の一言掛け」

人の振り見て我が振り直せ

人は自分の振る舞いや態度について、自分のことはよく見えていないもの。ポジコは正に「人の振り見て我が振り直せ」で学べる教材です。

毎年繰り返し受講するのが効果的

人は忘れやすい生き物。研修で聞いた話は普通、しばらくすると忘れます。ポジコは繰り返し受講できるeラーニング形式。スタッフに毎年繰り返し受けてもらって、学習効果を高めましょう!

  • 1返事ひとつで人間関係が深化する
  • 2共通こそがお互いの距離をグッと近づける
  • 3表情ひとつで安心感が生まれる
  • 4話し合いが上手い人のコツ
  • 5陽口でみんなハッピー
  • 6相手の心の扉を開く方法
  • 7ミスを報告しやすい上司になる方法
  • 8謝り上手になろう
  • 9成長し続ける人の聴き方
  • 10チームワークを高める意識改革
  • 11愛され先生の廊下の歩き方
  • 12届ける際の一言掛け
  • 13指示出しと指示受けで大事なこと
  • 14こまめな声かけでトラブルを減らそう
  • 15講演会・勉強会で勇気を出して質問
  • 16ほめ上手になろう
  • 17ミスやエラーのとらえ方
  • 18メールでいきなり依頼は失礼かも
  • 19患者さんと一緒に確認
  • 20確認は頻繁にした方がいい
  • 21ひとりで悩まず相談しよう
  • 以降も医療安全とコミュニケーションに関する動画を追加予定です。

ご利用料金(税込)

全日本病院協会会員
受講人数に関わらず
ID無制限
月額11,000
非会員
受講人数に関わらず
ID無制限
月額16,500
  • ※受講者は病院職員に限ります。
  • ※1年毎の年間契約となります。

前公益社団法人大阪府看護協会会長 髙橋弘枝氏

人の暮らし、生活、そして私たちが携わっている医療・看護・介護のベースにはコミュニケーションがあります。Wマコトさんのポジコで医療安全だけでなく、仕事がより円滑に進み、仕事場が明るく、居心地の良い場となります。医療・看護・介護のチーム力がアップし、豊かなサービスが提供できます。それくらいポジコは重要です。チームの中のポジコで、ご機嫌なチームを作ってください。仕事が楽しくなります。ポジコで充実した人生を!
(ただ、一度の研修で身につけられるものでありません。いろいろな場面で気づき、意識し、実践し続けましょう。そのためにも、時々気になるのを見直したり、チームのみんなで見るのも、あるある事例に気づき、みんなで改善できますよ。)

お申込みはこちら